田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#5薪ストーブのある暮らし2007.01.30
我が家に何故薪ストーブがあるの?

我が家の薪ストーブ JOTUL F400

そして、薪ストーブって使ってみてどうなの?それはね…
そもそも、ログハウスを建てたいと思っていろんな関連雑誌を見てみると、必ずと言っていいほどログハウスには薪ストーブがあるのです。もうそれは、マクドのハッピーセットでもいいましょうか?セットじゃないとダメみたいに思い込んでいました。でも、いろんな雑誌を読んでいくうちに、きちんとした理由(わけ)があったことに気づいたのです。薪ストーブ愛好家ならご存知の「薪は3度身体を暖める」です。薪ストーブのことを良くご存知でない方は、「こいつ何言ってんだ!」とお思いでしょう。しかし、夢のログハウス計画中の私には、「何だか愉しそう!」と思ったわけです。「1度目は薪割りで身体が暖まり、2度めは薪を焚いて暖まり、3度目はその熱を利用して暖かいシチューやスープで暖まる」ということです。こんなエコロジーな熱源って「すごいなぁ!」って安易にその時思いました。そして、薪は唯一再生可能な燃料で・・・ほんとかなぁ?・・・といろいろ思っているうちに、実際使ってみなければ分からないってことになり「薪ストーブのある暮らし」をログハウス計画の中に取り入れました。ログハウスの間取りや薪ストーブの配置場所、そして煙突の配置、薪ストーブの選定、未知の世界のことを考えるのがとても楽しかったのを思い出します。詳しいことは、田舎時遊人の「MY COUTRY LIFE」にあります。オーロラの炎今日は、実際7年間使った中での感想を書きたいと思います。我が家においては、今では無くてはならない薪ストーブになっています。インテリア性の高いものとお思いでしょうが、使い方によっては最高の暖房器具&乾燥機&調理器&空気清浄機となるのです。我が家のような「ちいさいおうち」に適したJOTUL F400。魔法瓶のようなログハウスと相まって、真冬でもぜんぜん寒くありません。子供たちは時にTシャツで過ごしてます。このあたりの気候(1月の最低気温は氷点下5度ぐらい)では十分すぎるパワーです。このパワーも薪の種類や乾燥具合そして焚き方によっても左右されるのでアバウトですが…。煙突の立ち上げ方次第でもぜんぜん変わってきます。簡単に言えば、上手に扱えば最高の暖房器具になるってこと。家の中で焚き火して遊べるんですから…(ちょっと大げさ)。ただし、薪の準備に身体を使いますから、その覚悟は必要です。また、家の中は汚れます…(掃除すれば済むことです)…時に虫(カメちゃん)とも遭遇します。次回は乾燥機としての薪ストーブのお話を…。

薪ストーブ | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。