田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#46自転車のパンクから学ぶこと2007.03.16
ある夜、食事を終えてくつろいでいた時

自転車パンク修理

ルイ(長女)が「自転車パンクしたよ~!直して!」…
おいおい!今頃言うなよ!外は暗くなってるし…しかも明日学校あるじゃん!(我が家には車庫がないので)

ということで、冬の寒い夜に電灯のあるデッキへ自転車を運び、パンク修理開始…
でも結局その日は、穴の開いている箇所は見つからず、虫ゴム変えて空気を入れ様子を見ることにしました。

翌日、すっかり空気は抜け、結局およそ4キロの道のりを徒歩で通学したのでした。可愛そうに…(いや~車で送るとは言ったんですよ!一応は…)

パンク修理

そして次の日のまだ明るいうちに、ルイと一緒にパンク修理再開です。タイヤから中のチューブを取り出し、水につけて空気の漏れる箇所を慎重に慎重に見ていきます。それを、やらせるところが我が家流。身をもって体験だ~!
ルイ「あった~!あったよ~!」
私「どれどれ、どこへ~?ほんとだあった???え~なんでチューブの横に穴が開いてるんだ~?」

普通パンクと言えば、何か鋭利なものが刺さりパンクするのが多いけど…
いや待てよ!私も小さい頃経験あるぞ!空気の少ない時、溝を勢い良く「ガタン」と通ったりしたらタイヤの横が破れたことが…

そこで、ルイに思い当たる節がないか聞いてみました?
私「パンクする前、溝を通ったり、大きな角のあるもの踏まなかったか?」
ルイ「朝、坂を下りるとき、溝の網が外れててそこでガタンとなった!」
私「空気が少ないことなかったか?」
ルイ「少ないような少なくないような…」

いや、前タイヤも空気が少ない…ということはパンクした後ろタイヤも少なかったに違いない。
これで、パンクの原因がわかりましたし、チューブの横に穴が開いていたことも納得できました。

今回のパンクの原因は、不注意で起こったことと認めざる終えません。今後は、空気の量も気をつけるように、そして段差があるところはやさしく通るように言いました。

パンク修理完了

今回の修理で私が驚いたことは、娘が自転車のタイヤの中にチューブが入っているのを知らなかったことです。一緒に修理して良かった…

チューブレスや自動車のパンク修理はできませんが、自転車なら子供の頃から自分でパンク修理していましたし、15年前のマウンテンバイク用のパンク修理キットが少し残っていまいしたから…。

パンク修理をしながら、昔を思い出していました。私が小学生の頃同じようにパンクして、祖父に教えてもらいながらパンク修理したことを…。それが今こうして役に立っているということは、将来ルイもにも役に立つことがあるかな~と思いつつ…

その頃は、ノーパンクタイヤが主流かもしれませんが…
Diary | CM(3) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by GEN
我が家も、田舎暮らしを始めてからは、自分で出来そうな事は何でも取り敢えずトライするようになりました。
私は、化石燃料を使わず、人力のみで一番効率よく移動する事ができる自転車に夢中なのですが、いつもスペアチューブを持って走っています。もちろんパンクしたチューブは帰ってから修理します。
2007.03.17 | URL | EDIT | 
Posted by northin
今はパンクセットは100均で売っていて
とても安く直せますね
昔は古いチューブを切り取り
やすりで削って
ゴムボンドで貼りました

教えてもらったわけでもないのに
いつの間にかできるようになっていたなぁ
2007.03.19 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆GEN さん
>パンクしたチューブは帰ってから修理します。

なるほど!その手がありましたね!その場でパンク修理するより、早いですもんね!しかし、私の17年前のジャイアント(MTB)は、眠ったままですけど・・・

◆northin さん
そう!そう!古いチューブを切って使ってましたよね!ゴムボンド付けてしばらく時間を置いてくっつけてましたよね!
2007.03.19 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。