田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#323小枝の恵み2011.02.05
山桜の小枝

山桜

焚き付けにはちょうど良い太さ
ここへ移住して11年目、当初1メートル足らずの山桜の苗木が今では4メートを越え、枝は伸び放題でそろそろ剪定をしなければと思っていました。

残雪の残る暖かい日に、邪魔になりそうな枝を剪定したのです。クヌギの枝も伸び放題なので、それも一緒に…

これらの小枝、とても役に立つのです。役に立つと言っても、薪焚き人にですけどね!

1年かけて乾燥させれば、りっぱな焚き付け用の小枝になりますから…

薪ストーブを焚き始めて11年になりますが、この小枝があるとないとでは、炎の安定がまったく違ってきます。素早くたくさんの熾きを作ることが、薪ストーブを効率的に使え、煙を少なくできますからね!

小枝

薪ストーブ本体の温度が上がってない状態や熾きの少ない状態では、太い薪が安定して燃えず、燻されて煙ばかり出て温度が上がりませんし、近所の方に迷惑がかかりますから…

前夜焚いた薪が、朝熾きになって残っている時、この小枝たちの出番です!細いものから順に太いものを井桁に積んでいるそばから炎があがりはじめます。あとは、いつものように細い薪から順に太い薪が勢い良く燃えるように積むだけです。

先日、薪ストーブの特集をテレビでしていました。「煙の出ない薪ストーブがあります」と…

それは違うでしょ!っと…煙が少ない薪ストーブのことなのでした。それも使い方一つで煙の量も違ってくることなど、一切説明もなく…

これでは、良い所ばかり強調されて、誰でも購入したくなるのは当然です。そうんなこと知らずに焚いて、近所に迷惑かけてる人もいるというのに…

熾きをたくさん作って、薪ストーブ本体の温度を上げて焚くためには、しっかり乾燥した小枝が重宝するんです!

小枝

我が家周辺には雑木林があり小枝には不自由しませんが、植林した山桜で剪定した小枝、その恵みを感じると共に時の流れの早さを感じるのでした。


薪ストーブ | CM(1) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.02.07 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。