田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#256春には春の…2009.03.12
この季節の薪ストーブの焚き方って

熾き火

意外と難しいんです!
微妙な温度調節ができない薪ストーブ。真冬の寒い時には、ガンガン燃やして熾き火がたくさんできると、太い薪でも綺麗に燃えてくれるのですが…春の冷え込みが緩くなった日には、ガンガン焚くわけにはいきません。

でも焚かないと肌寒いし…部屋の温度計が25℃ぐらいになるように焚いて、なおかつそれを長く持続させる焚き方が理想です。

薪の燃焼効率を上げ、排煙量を極力少なくするには、薪ストーブ本体の温度が低い状態ではなかなか達成できません。そして2次燃焼に頼りすぎると、薪ストーブの温度は高温を持続しなければなりません。そうすると家の中はオーバーヒートします。

そうかといってちびちび焚こうとすると、不完全燃焼気味になり排煙量が多くなります。そうならないようにするためには、1次燃焼でできるだけ完全燃焼させることが大切ではないかと思います。それには、よ~く乾いた(最低2年もの)細割りか中割りの薪を使うことが必要です。間違っても木口から水蒸気の出るような不完全な乾燥の薪は使わないことです。もし使ったなら、家の周辺は木酢の臭いで充満するので要注意!そんな臭いがするようならNGです。

1次燃焼

そして、炎が出ているときには極力空気は絞らず、燃え尽きて炎が消えかけてから空気量を絞って熾き火状態を長く保つようにします。1次燃焼でなるべく完全燃焼させることで、本体が高温にならなくても、排煙量は極力少なくできます。そして、熾き火が無くなりかけたら同じように繰り返します。

あとは部屋の温度と相談しながら、それを繰り返します。長時間燃焼は無理ですから、小まめに薪を追加することになりますが、薪の燃焼効率や排煙量を考えると、低温時での1次燃焼をしっかりさせてやることで排煙量を極力抑えることができるように思います。

次第に出番が少なくなってきた薪ストーブ…そろそろブルーフレームの出番かな?



薪ストーブ | CM(6) | TB(1) | 

*COMMENT

Posted by 薪焚亭主人
ホント、今の時期って中途半端ですよね(笑)
吾が家では割り切って朝はブルーフレームに頼ってます。
仕事部屋のストーブは焚いてますけど、
天気の良い日中はとんでもなく暑いこともあり、いやはや・・・ですね(笑)

今回の田舎自遊人さんの記事、明日の薪焚亭の駄文にリンクしてしまいました。
ヨロシクお願いします。
2009.03.13 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆薪焚亭主人 さんへ

>ホント、今の時期って中途半端ですよね(笑)

日によって寒い日もあり、暖かい日もあり…ですから、すっごく天気予報と翌日の最低・最高気温が気になります。それによって、薪の太さを変えて調整しています。結構愉しんで…(笑)

>今回の田舎時遊人さんの記事、明日の薪焚亭の駄文にリンクしてしまいました。

薪焚亭の駄文、いつも愉しませてもらっています。明日の記事気になりますね~愉しみ!愉しみ!

2009.03.13 | URL | EDIT | 
Posted by 外道s
私も悩んで居ました。
この記事を読んで、「確かに!」と思いました。
我が家は去年ストーブを入れ替えたので、今シーズンは「試し期間」のつもりです。今シーズンは化石燃料(灯油)を買わないと決めましたから、今からのシーズンをどう過ごすか?悩んでいます、真冬の間「常夏」で過ごしたつけですね。
2009.03.13 | URL | EDIT | 
Posted by takake
私の場合、真冬同様焚いてしまいます。
当然室温はグングン上がり、30℃を超えることになります。
そこまでして焚きたいのかっ!と家族からはお叱りを受けますが、そんなの気にしちゃいれません。
日中はよっぽど暖かく、太陽熱で室温が下がらない限り焚き続けます。
住宅密集地なので、中途半端に絞り、不完全燃焼気味になると、臭いがご近所迷惑だろうということもあってのガン焚きになってしまっています。
でも火はいいですね。焚いて眺めているとると気が休まる。
桜が散るころまでは焚いてるでしょうね。
2009.03.14 | URL | EDIT | 
Posted by kaku2
薪ストーブを導入しようと思っている私には、とても参考になります。
いつもありがとうございます。

少し前、薪ストーブ屋さんに行きました。
臭いはほとんどしなかったのですけど、狭いショップで焚いてあったので、
熱くて呼吸しづらいというか??? 少し頭が重く感じました。
換気をしないで、石油ストーブを付けている部屋に長時間居ると、頭が痛くなってきますよね。
そういう感じに似てました。
酸欠気味になったのでしょうか?
高気密住宅じゃなかったら、気にしなくていいのでしょうか?
時遊人さんはそのような経験ないですか?
2009.03.14 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆外道s さんへ

>…今からのシーズンをどう過ごすか?悩んでいます、真冬の間「常夏」で過ごしたつけですね。

薪ストーブを設置したころは、炎が見たくてそして嬉しくて、多少暖かくても暑くても無理して焚いていました。そして、寝苦しい夜になったこともありました。しかし、最近は22℃~26℃を目標に焚くようにしています。そして、湿度はおよそ50%になるように…
我が家の快適温度・湿度(3箇所で計測)がそれぐらいなんですね!この季節も、これを維持する焚き方を探ってはいるんですけどね…
1シーズン使用してみて、アンコールエバーバーンと家の相性はどうでした?


◆takake さんへ

>そこまでして焚きたいのかっ!と家族からはお叱りを受けますが、そんなの気にしちゃいれません。

いや~それは凄いですね!快適を通り越してしまうのは、我が家では決して許されませんし、あっさりあきらめてブルーフレームの青い炎を愉しんでいます。
でも住宅地ですと、いろいろ気を使わなくてはいけないんですね!汗をかきながら薪ストーブ焚くなんて、私には到底無理です。


◆kaku2 さんへ

>酸欠気味になったのでしょうか?

う~ん、推測ですけど酸欠ではないと思います。狭いショップなら、薪ストーブの熱量が大きすぎて、快適温度を越えていたんじゃないかと思います。私も設置当初はややオーバー気味に焚きすぎて、ロフトが30℃を越えたこともあります。そうなると、頭が重く感じることもありました。
石油ストーブのような空気の汚れではなく、熱気の影響だと思います。もしくは、そのショップの建物や商品が熱せられて、何か有害物質が空気中に出て来た可能性も考えられますね!あくまで推測ですけど…

あくまで私の使用経験からですけど、私は薪ストーブに関して言えば「大は小を兼ねない」と思っています。部屋に合った、そしてその土地の気候に合ったちょうど良い熱量のものが一番使いやすいように思います。特にクリーンバーン機は、温度を上げた状態で焚くことで燃焼効率を上げ排煙量が少ないわけですから、その温度を維持してちょうど良いものがベストだと思います。ただ、長時間の連続運転をしようと思ったら、必然的に大きなものになってしまいますけど…
…と言っても、実際に設置して使ってみないとわからないんですけどね!我が家のヨツールF400は、真冬にはちょうど良い熱量ですが、今の時期にはオーバースペックです。そのためアラジンブルーフレームの出番となります。

2009.03.17 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
********************************************************************TITLE*** 田舎時遊人 さんも一昨日の記事で書いてますが、今の時期の薪ストーブって丁度しないんだよねぇ~ 性質上、微妙な温度調節は苦手なんでね。 でもまぁそうは言っても、まだまだ特に朝晩は寒いから焚かない訳にはいかない。 みなさんそれなりに工夫して焚いているようで...
2009.03.14 | Posted by ■東西南北・閑閑話■  | 
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。