田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#240不揃いの小枝たち…2008.12.15
この不揃いの小枝たち…

不揃いの小枝たち

意外と役に立つのです!
この小枝たちは、焚き付けを楽にしてくれるのです。樹種はいろいろですが、比重の軽いものばかり…私の好きなのは、りんごとサクラ。サクラは、我が家の周りを剪定したものもあります。ちょっとした自給自足…

コンバスター機に比べ、長時間燃焼の苦手な我が家のヨツールF400にとって、焚き付けを楽に、そして素早く温度をベストゾーンに持っていくことが、燃焼効率を上げるコツ!前回記事の煙突の煙にも関係しますが、焚き始めが意外と大切というか、難しいと思っている方もいるんじゃないかと…思うのです(若葉マークの方の話です)。

私もそうでした。薪をケチって温度が上がってないのに空気量絞ったり、小割りの薪がないから仕方なく太い薪をいきなり焚いたり、乾燥不十分な薪を焚いたり…失敗談は数々あります。煙突から煙もくもく、温度上がらず、ガラスはタールで真っ黒…薪ストーブって全然暖かくないし、家の中煙たいし…(ほとんど燻されてるって感じ)、こんなことも経験しました。

小枝

…で、この不揃いの小枝たちが生きてくるのです。そして細い小枝も…どんどん燃やして、熾きをたくさん作ること、これが燃焼効率を良くし、薪ストーブの扱いを楽にしてくれるのです。ですから、このような不揃いの薪や小枝や小割りの薪が必要なのです。それも1シーズン相当量必要ですから…

ここで気をつけたいのが、よ~く乾燥したもの(カラカラに)を使うことです。我が家では、2年もの(ワインじゃないけど)を使っていますが、気持ちよく燃え、熾きになってくれます。腐りかけてたって、乾燥さえしっかりしていればりっぱに燃えてくれます。9シーズン目になって、やっと失敗から学んだことが生きてきましたかね?(笑)

薪作りにも、綺麗なものばかりじゃなく、こんな不揃いのものも必要なのです。

不揃いのりんご(の薪)たち

こちらは正真正銘「不揃いのりんご(の薪)たち」…家の中より、外の方が良い香りしています(笑)。

薪ストーブ | CM(7) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by kitobito
実は温度計を使っていません
出来れば体感で使えるようになりたいと思って・・

最初に小さい薪で温度を高めて熾きを作るのは大切ですね。
ついついサボって低温なのに大薪をくべて煙を出してしまいますが。

アンコールは温度がどんどん上がっている最中でも
二次燃焼に変えると温度上昇は抑えられます。
もちろん吸気を絞ることで持続時間も延びてくれます。

エバーバーンの場合二次燃焼に変えても
温度上昇は続く(加速する)ようで機種の違いが感じられます。

一度温度を上げてしまえば中温運転は得意です。

やはり低温運転では煙の排出が多くガラスも曇ることになります。
暖かい部屋ではほのかな温かさが欲しい所ですが
薪ストーブでは難しいですね。
2008.12.16 | URL | EDIT | 
Posted by 外道S
不揃いの薪は結構大事ですね。
幸い我が家では焚き付けには仕事と薪割りで出た物を使ってます。

それにしてもこの地域で「林檎」は貴重ですね!一度味わってみたい物です。
2008.12.16 | URL | EDIT | 
Posted by 写風人
姿・形の違った薪がいっぱいありますね。
薪のオンパレードで見ていてワクワクします。
りんごの木を度々拝見しますが、いいですね~。
私の辺りでは柿や梨は手に入ることはあっても、りんごは皆無です。
桜は贅沢に焚いてほのかに香りを楽しんでいますが、りんごは桜よりも香るんですか?
2008.12.16 | URL | EDIT | 
Posted by kaku2
なるほど・・・
こんなに細い小枝まで必要なんですね!(2枚目の写真)
薪といえば、薪割りできるくらいの直径の木とか、
せめて1枚目の写真くらいの木と思っていましたが・・・。
教えてもらってよかったです。
2008.12.18 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆kitobito さんへ

>暖かい部屋ではほのかな温かさが欲しい所ですが、薪ストーブでは難しいですね。

このあたりが、薪ストーブ選び(熱量や家の断熱性などとの相性)の難しい点でしょうか?また、薪ストーブをどういう位置づけで購入するか?
我が家は、寒い冬の主暖房を目的にしていますから、暖かい冬の日はやはり、ブルーフレームの登場となります。無駄を省くには、人間と同じで適材適所が大切な気がします。我が家ではめちゃくちゃ重宝していますよ~!

>実は温度計を使っていません。出来れば体感で使えるようになりたいと思って・・

確かに体感で使えるに越したことはない(カッコいい)ですが、温度計はあった方が安定して使えると思います。室温計も…。そして、薪ストーブを安全に快適にそして長く大切に使うため、また料理する時などは、最低限必要ではないかと…。9年目ともなると、カッコ良さよりも実用性重視、そして我が家では、妻や娘たちまでも扱って欲しいですから…空気量を絞ったり、薪補充のタイミングの目安には必要だと思うのですが…


◆外道S さんへ

>幸い我が家では焚き付けには仕事と薪割りで出た物を使ってます。

職業がら、焚き付け材には困らないようでしょうね!羨ましいです。私も数年前、知り合いの木工作家の方に頂いたことがあります。良く乾燥して、良質なものばかりで、焚くのが惜しくなりました(笑)。


◆写風人 さんへ

>…りんごは桜よりも香るんですか?

さくらと違い、りんごの甘い香りがします。乾燥していない木を薪割りする時も、りんごの甘い香りがします。ただ薪ストーブ場合、部屋の中は焚き始めに少し香りがする程度で、扉を閉めたら香りはすべて煙突から外へ…ですから、外に出るとりんごの甘い香りが漂っています。写風人さんの近所には、りんご園ないですか?信州まで行けばあるんでしょうけど…ただ我が家も、もう手に入りません。一昨年近所のりんご園が閉園しましたから(涙)。


◆kaku2 さんへ

>こんなに細い小枝まで必要なんですね!(2枚目の写真)

こんな細い枝は、必ずしも必要はないですよ!ただ、我が家の木を剪定したものや頂きものですから、無駄を出さないようにということで使っています。こんな細い枝があると、新聞紙を使わなくても焚き付けができますし、焚き付けが楽にできますから…ただ、よく乾燥させたものを使わないとダメですから、保管スペースに余裕がないと…これが難点です。


2008.12.19 | URL | EDIT | 
Posted by takake
我が家では、楢材を細く割ったものと、薪割り時に出た細かな木屑(1~5cm大の非常に細かなもの)を使ってます。
特に木屑は重要で、薪割り時に多量に出るものを大切に乾燥させ貯めて置き、炉の中央にこれをこんもりと盛り上げ、その周りに楢の細かく割ったものを積み上げ、楢と木屑のスキマに牛乳パック(これも一年大事にためておく)やお菓子等の箱物厚紙と新聞紙を詰めて着火。
この後、炉内温度を上げるため、追加で牛乳パック、新聞紙、厚紙をいれじっと待ちます。
良く乾燥した木屑がまず燃え、楢に燃え移り約5分で種火完成。
木屑がすばやく燃え、熾きとなってくれて非常に助かります。
こんなやり方どうでしょう。

2008.12.20 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆takake さんへ

>…木屑がすばやく燃え、熾きとなってくれて非常に助かります。こんなやり方どうでしょう。

薪割り時に出る木屑は、我が家でも使っていますが、1シーズン分は補えません。チェーンソーで出る木屑も、以前は灯油を染込ませて着火材として使っていましたが、今は新聞紙と小枝で焚き付けています。なるべく自然に近いものでしたいので、着火材や灯油も今は使わなくなりました。唯一新聞紙です。私としては、牛乳パックやダンボール等は接着剤や防水塗料などが気になり、何となく燃やしたくないですね。このあたりは、使い方や考え方の問題ですので、どれが良いかは一概に言えないところだと思います。要は、自分が気持ちよく焚き付け出来る方法が一番良いと思いますね!ただ、ゴミを燃やすのはご法度ですが…

2008.12.22 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。