田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#198薪の気持ち2008.04.18
「犬の気持ち」ならぬ「薪の気持ち」

4月の薪割り成果

もし薪に気持ちがあったなら…
何十年もかけて育ってきた木…それを薪にさせて頂き暖をとる…そう考えると「無駄にしてはならぬ!」
私が薪であったなら、どうして欲しいか考えてみよう!…って、そんな訳ないけど(笑)

私は、どんぐりからやがて芽が出て、太陽の恵み、水の恵み、大地の恵みを受けて大きく育っていくのです。当たり前と言えば当たり前のことですが、現代は当たり前のことすら出来なくなってきている状況です。自然に育つと思いがちですが、そこにはあなたたちの手が入ってこそ、りっぱな森や林になるのです。それを解って欲しい…

木を伐る事が環境破壊ではなくて、木を伐った後の使い方(木にしろ土地にしろ)に問題があると思うのです。萌芽更新、天然更新が起こるようにして欲しいのです。これによって私の人生(子孫も)が大きく左右されるのです。
萌芽更新(ほうがこうしん)は、老木(40年以上)より若木(20~30年以下)の方がより活発に萌芽するのです。私たちの時代よりも、これから先のことを少しでも考えて欲しいのです。

そして伐採の時期にも適した時期(冬)があり、乾燥のためにも適した場所があり、りっぱな薪になるためには結構大変なのです。人間社会と同じように、いくつもの荒波を越え、やっとりっぱな薪になれるのです。化石燃料とは比べようにも比べられないものなのです。高い安いの問題ではないのです。薪ストーブを焚いているだけでは感じてもらえない大切な部分かもしれません。薪を作っている方なら、私(薪)の気持ち少し感じて頂けるかも?

4月の薪割り成果

…ということで、今再来シーズン(2年乾燥)のために乾燥に集中しています。中途半端な乾燥状態では火力も上がらず、私の持っているエネルギーも十分発揮できませんから…

薪ストーブ | CM(4) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by 写風人
やはり時遊人さんのブログは勉強になりますね~。
以前、友人から「伐採したら木がなくなってしまうじゃないか」と言われ、「手入れのための伐採も必要なんだ」と漠然としか答えられませんでした。
萌芽更新や里山の手入れをWikipediaでしっかり勉強させていただきました。
こちらにも放置されたままの里山がいくつもありますので、薪確保のために、いや、里山保全のために手入れを申し出たいくらいです。
2008.04.20 | URL | EDIT | 
Posted by kitobito
里山保全は難しい問題ですね。
僕が生まれ育ち今住んでいる地域はまさに里山ですが、
里山を手入れしてくれているのは高齢の人ばかり。
働く世代の自分達は社会経済の渦の中でただ巻かれて
里山に目を向けることすら出来ていない現実・・・
これではイカンと感じながら、又経済の中に戻っています。
これからの人生の時間の使い方を考えていかなくてはなりません。
里山は僕の大切な故郷です。
2008.04.21 | URL | EDIT | 
Posted by northin
里山保全と薪ストーブユーザーは
いい関係をもてると思うけど
なかなかつながりが難しいいですね
1度つながれば両方に効率よくなり
自然にはいいでしょうね

乾燥は早く2年物に出るだけの
薪を集めたいです
2008.04.21 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆写風人 さんへ

>こちらにも放置されたままの里山がいくつもありますので、薪確保のために、いや、里山保全のために手入れを申し出たいくらいです。

そうですか~。そちらの方にも放置された里山がありますか~。かつて日本の原風景だった里山は、燃料の薪や炭が使われなくなった今廃れていく一方です。里山を守っていくには、その燃料の薪を必要とする薪ストーブユーザーが、何らかの形で参加しなければと思っています。薪ストーブは、薪がなければ単なる鉄の箱ですから…。身近な我が家の周りから、そして出来ることからやっていこうと思っています。


◆kitobito さんへ

>里山保全は難しい問題ですね。

結局は需要と供給のバランスということでしょうね!私も薪ストーブを使っていなかったら、こんなことは考えなかったんじゃないかと思います。毎年薪を必要とするから、どうすれば効率よく、そして愉しく確保できるかを考えていくと、自然に里山保全が必要ということに結びつくんです。薪の恩恵を必要としない方に、里山保全を呼びかけてもなかなか難しいと思います。とりあえず、身近でできる里山保全からスタートです。荒れた山にどんぐりを植えるだけでも良いと思うのです。このどんぐり1個が、20年後に数日分の温もりを与えてくれると思うと、愉しいじゃないですか!?気の長い話ですけど…


◆northin さんへ

>…1度つながれば両方に効率よくなり自然にはいいでしょうね

ここが問題ですが、幸い我が家の周りは人工林(ヒノキ林)で、今回ヒノキを伐採したところに、どんぐりの苗木を植えました。人に頼りすぎると中々進まないので、まずは自分で出来ることからです。そしてあまり気負わず、のんびり長く続くように…と思っています。

2008.04.22 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。