田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#172冬の天気と薪ストーブ2008.02.01
やっと我が家周辺も冬らしくなりました…そして

雪の日

薪ストーブはとっても快調!
ここのところ、朝の最低気温は氷点下5℃、最高気温も3℃前後と真冬の天気が続いています。雪もごらんの通り…

屋根の雪

冬はやっぱしこうでなくっちゃ!(雪の被害がでている地方の方には申し訳ないですが…)

この冷え込みがないと、我が家の薪ストーブは調子が良くないんです。何故って…?

この冷え込みで煙突から出て行く煙が素早く上昇し、ドラフトが安定するんです(あくまで仮説です)。煙突から出て行く煙を見ていると、無風状態の時それが良く解ります。真上にス~っと素早く上って行くんです。こんな日は、もちろん燃え方も最後まで安定した燃え方で、綺麗な灰になります。暖かい日には、ドラフトが安定せず、最後の方はやや不完全燃焼気味の時も…我が家の煙突は途中エルボで曲がってますから、その辺りが影響しているのかもしれません。

雪の日

そして、朝の天気予報と散歩で焚く薪の太さと量と空気レバーを調整します。今日の天気、冷え込み具合を予測し、薪の無駄をなくすために…

天気が良く陽が差し込めば、我が家の室温は意外と上がり、夜までその余韻が残ります。こんな時は、朝焚きつけ時の熾き火だけで大丈夫です。

逆に1日中寒い真冬日には、夜寝る前と同じように、太目の薪を3~4本(1本が2リットルのペットボトルぐらい)入れ、長時間燃焼モード(2次燃焼が続くように、空気を絞っただけですよ~)にします。

これで、娘たちが帰ってくる夕方、ほんわか暖かく家が迎えてくれます。私が帰る10時間後には、灰の中に運が良ければ熾き火が…なかなかそういうわけにはいきませんが…

こんな風に、自然の変化を気にしながら、それに合った焚き方をすると、薪の節約にもなるし快適度も違ってきます。以前は、火が見たくて見たくて、ややオーバー気味に焚いていましたから…今は、いかに薪を節約するか(燃焼効率を上げるか)の方が大切になりましたね!

来シーズンの薪

その甲斐あって、今年は結構な量の薪を来年に持ち越せそうです。これらは使わなくて済みそう!

りんごの木

そして、雪をかぶったりんごの木が…この雪融けたら、薪割り開始だ~!

薪ストーブを焚くようになって、冬が寒くて嫌だと思うことがなくなったのでした。そして、薪ストーブを焚きたくて、家路を急ぐ私が…いるのです。薪ストーブの放つ遠赤外線の暖かさは、もう手放せません。


薪ストーブ | CM(3) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by 写風人
もう雪とりんごの木が羨ましいです。こちらはいっこうに降りませんよ。このまま雪を見ることなく冬が終わってしまいそうです。
それにこちらはそれ程氷点下になることがないので、気温によって燃え方が変わるというのは気がつきませんでした。また調べる事が増えてしまいました。
2008.02.02 | URL | EDIT | 
Posted by northin
雪が積もるところでは
雪がないとさびしいですね
こっちは雪があまり積もらないので
たまの雪は子供達は大喜びです
大人は通勤が心配ですけど

大割はそれぐらいのサイズを使用ですね
乾燥にどれぐらいかかりますか?
うちでは薪が残りとしがなくて
乾燥が1年ぐらいになるために
そこまで大きな薪は作っていないです

今年こそは薪が残るくらいに
集めたいです
2008.02.04 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆写風人 さんへ

>それにこちらはそれ程氷点下になることがないので、気温によって燃え方が変わるというのは気がつきませんでした。

あまり当てにしないで下さいね!あくまでも、我が家の場合ですから…設置条件(煙突や機種)で変わってくると思います。煙突がストレートで長い場合はドラフトが強いので、あまり影響は受けないかもしれません。クリーンバーン方式の場合、このドラフトが大いに関係するような気がして…
言い換えれば、天気(気温や風)とドラフトの関係ってところでしょうか?


◆northin さんへ

>大割はそれぐらいのサイズを使用ですね。乾燥にどれぐらいかかりますか?

理想は2年ですが、条件が良い物は1年でも大丈夫です。条件と言うのは、伐採時期と乾燥の仕方と場所ですね!大割りがない場合には、中割り二つをぴったりくっつけて大割りとして使うこともあります。炉内での積み方を工夫すれば、大割りに近い効果が得られますから…
あまり太い薪は、乾燥に時間がかかりますから要注意です。乾燥不十分な薪は、燃焼効率がど~んと下がり、もったいないですから…。乾燥期間に2年取れない場合は、中割りを多く作って、あとは炉内での積み方で工夫する方が良いように思います。

2008.02.04 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。