田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#153ダナーライトじゃないけれど…2007.12.17
15年以上も履いてると…

ダナーの靴

もう手放せない…
15年以上も前だったかなぁ?憧れていた「ダナーライト」…

しかし、当時の私(今もですが)には、靴にこんな大金を出せるわけもなく買うことを諦めていたある日、偶然にもこの靴を発見したのでした。

「ダナーライト」と言えば、当時ゴアテックスを使った斬新な靴として、アウトドアの雑誌に取り上げられていました。しかし、私が見つけたのはゴアテックスじゃなくバックスキンのものでした。価格も当然と言えば当然、「ダナーライト」の半分程度でした。

試しに履いてみた途端「ジャストフィット!!!」この感覚は今でも忘れません!そして、ダナーの製品ではあるものの、今は無きモデルのようです。未だにその名前も知らず…

ダナーの靴

モデル(ダナーの)の名前も知らない靴ですが、この革のくたびれた様はいい味になり、新品当時に比べいっそう足にジャストフィットし、今では手放せなくなりました。普段は履く事が少なくなりましたが、山遊びに行く時には必需品になっています。

またまた、こんなヘンテコな記事を書いてしまいました!先日山へ行った時に、久しぶりに履いたので、ついつい買った当時を思い出し…

でも、いくら古くなってもオンボロになっても、愛着のあるものはなかなか手放せませんね!身体の一部になってるって感じかなぁ…?



手放せないもの | CM(5) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by northin
革の靴は
最初は堅くて履きづらいけど
使っていくうちに
自分の動きに合わせて柔らかくなり
なじんでいっていい物になりますね

靴底を変えたりもされたのですか?
2007.12.18 | URL | EDIT | 
Posted by 外道s
私はダナーライトを持っていますが、そのバックスキンのダナーの方が良い感じで味が出ていて良いじゃないですか。
昔はダナーの靴が大好きでしたから、何足か持っていますけど、最近は「MERRELL」の靴が気になっていますね。
年が近いのか、同じ様な時期に同じ様に、誘惑されて居るようですね。
2007.12.18 | URL | EDIT | 
Posted by 幸せの黄色いライン
先日、ウチに田舎暮らしを楽しむ家族がやってきました(笑)物を大切にする事を子供に伝えたいね、と話をしました。以前、彼にあげた古い手巻式の振り子時計は奥様の実家で?今もコツコツと時を刻んでいるのだろうか・・・・・・
2007.12.19 | URL | EDIT | 
Posted by 写風人
さすが名品の数々をお持ちですね~。やはりいいものと長く付き合うことが大切ですね。見習わなきゃ・・・。
靴といえば、よく結婚式で見かけるのがソールの劣化です。何年かに一度引っ張り出してきた靴なんでしょうね、会場にボロボロとソールの破片が落ちています。
この15年もののダナーはどうですか?
ソールの張り替えなしで15年履き続けてるんですか?
2007.12.19 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
◆northin さんへ

>靴底を変えたりもされたのですか?

それが、年数の経っている割りに、履いた回数が少ないのです…どうも貧乏性で、山に行く時や雪の時以外は履かないようにしてきました。普段のアスファルトの上を歩く時には、もったいないような気がして…保存状態も良かったのかもう少しこのまま履けそうです。


◆外道s さんへ

>私はダナーライトを持っていますが、そのバックスキンのダナーの方が良い感じで味が出ていて良いじゃないですか。

いやいや、ダナーライトの性能にはかないませんよ!このダナーが引退を迎えた時には、ダナーライトを狙っています。見かけだけじゃなく性能と美、そしてアフターフォロー(ソールの張替え)、私の足の形にジャストフィット!など考えたら、今のところ、私には「ダナーライト」かな?

「MERRELL」の靴もカッコイイですが、靴は履いてみないとわからないところが怖くて…どこかで履くチャンスがあれば試しに履いてみますね!


◆幸せの黄色いライン さんへ

>以前、彼にあげた古い手巻式の振り子時計は奥様の実家で?

その家族に聞いてみました!(笑)奥様の実家で静かに時を刻んでいるようです。奥様のお父様が骨董の大ファンでして、その時計を見た時「ぜひ譲って欲しい」と…その熱意に仕方なく譲りはしないけどお貸ししたようです。いずれ戻ってくると聞いております。受け継ぐというのも、ある意味大切なものと感じております!はい!


◆写風人 さんへ

>やはりいいものと長く付き合うことが大切ですね。見習わなきゃ・・・。

「いいもの」って選ぶのが難しいですよね!人にとって「いいもの」が自分にとっては「いいもの」とは限りませんから…
「いつまでも大切に出来るものかどうか?」これが自分にとって「いいもの」の基準になっているような気がします。そして「壊れても修理しようと思えるかどうか?」
高いから「いいもの」安いから「わるいもの」この考え方だけはしたくないですね!あくまでも「自分にとってどうか?」だと…
「いいもの」では、訳(技術、性能、使ってる材質など)あって値段が高いと理解してなら、結果的(長い目で見たら)に安いものもありますから…
そして、「いいもの」に育てていく気持ちが一番大切かな?と思います。例えば革製品やジーンズのように…
あくまで理想ですので聞き流して下さいね!実際はこんなに上手くいっていないですから…(笑)
写風人さんの「ガラクタ部屋」には、まだ見ぬ「いいもの」がいっぱい隠れていそう…

>ソールの張り替えなしで15年履き続けてるんですか?

それが、15年という歳月の割りに履いた回数が少ないのと、保存状態が良かったのでしょう!もう少し張り替えなしでいけそうです。最近山遊びに行く機会が減って、あまり履かないからでしょうか…?はたまた貧乏性のところが良いのかも?履いた後の汚れと湿気とオイルだけには気を使ってます。
代わりにサッカーのトレーニングシューズは結構傷みが早くて…ライフスタイルがそのまま靴に反映しているんでしょうね!
2007.12.19 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。