田舎時遊人の気まぐれブログ

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#スポンサーサイト--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  |  | 
#15調理器としての薪ストーブ2007.02.09
薪ストーブの熱源、もっと利用しなくっちゃ!

薪ストーブとキッチンダッチ

北海道ならシチュー、でも我が家は…
骨付きカルビと大根の煮込み薪焚きの皆さん、ストーブ熱を有効に活用していますか?我が家の薪ストーブには、大きなケトルはいつものっていて、お湯の必要な時はここから使います。そうすることで、ガスや電気の使用量を節約できますから…と言うのは簡単ですが…。

薪ストーブを使いはじめの頃は、何もかもが新鮮で「あれもしたい!これもしたい!」とこまめに動いたものです。ホームページを立ち上げた頃は、それはもうネタ作りが面白く(どこかあるある大辞典に似ているかも?)愉しい日々を過ごしたものでした。月日が経つうちに、その風景やすることが当たり前のようになり、いつしか楽な方向へ流れていってしまう自分がいました。しかし、ブログを立ち上げた今、また新たな楽しみが沸いてきたと同時に、自分のしていることを再度見つめ直す良い機会ができました。自分のおしりを引っ叩くような感じで、飽きっぽい私には程よい刺激になっています。

ということで、薪ストーブで久々の料理です。(おいおい、前置きが長すぎるぞ~!)北海道なら外は雪景色、ダッチの中身はシチューってどこかで見たCMですが、ここは岡山県北の山里。周りには雪がなく、暖冬でどこか冬らしくない…。でもせっかくだから、何かコトコト煮込みたい。
そうそう、この前の日曜日に何か作るぞっ!て意気込んで、骨付きカルビを買ってたんです。それと、大根、コンニャク、白ネギ、ゆで卵をぶち込んで薪ストーブの上で煮込むだけ(料理と呼ぶには恥ずかしい~)おでんに似たような似てないような…。味付けはいつもの調子で気分次第。砂糖、醤油、お酒、生姜でシンプルに…と味の方もシンプルすぎて、娘たちも「おっ!おっ!おいしいよ!」と少しどもり気味。私が食べても、素材の味が分かりすぎるぐらいの薄味でした。味付け失敗の例です。でも、骨付きカルビ肉から出ただしの味は良かったですよ!
この失敗に懲りず、今度は何煮込もうかな?

薪ストーブ | CM(2) | TB(0) | 

*COMMENT

Posted by 写風人
「薪ストーブでコトコト煮込む」このフレーズがたまらないですね。
私はDOを炉内に突っ込み、ローストする料理が多かったようです。
火傷も絶えませんでした。
これからは「コトコト煮込む」レパートリーを増やしてみたいと思います。まずはこのおでん風から・・・。
2007.02.09 | URL | EDIT | 
Posted by 田舎時遊人
私も炉内に突っ込んで料理したいんですが、どうしても楽な(簡単な)方へシフトしてしまうんです。食材放り込んで、後はダッチオーブン任せみたいな・・・。でも「おでん風」じゃなく「ミネストローネ」とか「ポトフ」の方が見栄えが良かったかも?反省・・・。
2007.02.10 | URL | EDIT | 

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 田舎時遊人 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。